香りで想い馳せる、ひとときのご褒美

日々の色々

幼い頃、文字が読めず、不思議に感じてたカップ。

改めて見ると、とても深い味がある。

一つは、百合

一つは、桜…かな?

父と母の、新婚の思い出が詰まっているという。

(*˘︶˘*).。*♡

今の私よりも、うーんと若かりし頃の父と母。

二人でいろんな時を過ごしたこと、カップも傍らで見てたのかな。

父母への恩は、言葉に出来ません。

ありがたく、生命をいただいた

この生命を大事に過ごすこと、恩に報いること、大切にしたいと思います。

ちょっと拝借して、コーヒーをいれてみました。

母とのお茶に加え、久しぶりに父ともコーヒータイム。

甘い香りに気持ちもゆるみます。

心が、幼いあの頃にタイムスリップです。

父のあぐらの膝に座ったこと、ふわりと思い出しました。

友達と喧嘩して泣いた時、よしよしって、横にいてくれたこと、あったかでした。

母に、父の青年時代を聞いてみようかな。

りんごの話と一緒に( ◜‿◝ )

私の文(ふみ)を読んでいただき、ありがとうございます。

にっこりと、楽しい時を過ごせますように。

文江

  
..☆.。:*・゚にほんブログ村のランキングに参加しています。お花をクリックお願いします..☆.。:*・゚
  
..☆.。:*・゚にほんブログ村のランキングに参加しています。お花をクリックお願いします..☆.。:*・゚
日々の色々
スポンサーリンク
文江をフォローする
まあるい葉っぱ

コメント

タイトルとURLをコピーしました