まっすぐな眼差しが心に染み入る

日々の色々

眼差しは、多くを語ります。

わん子の眼差し、ひたむきです。

子どものまっすぐな眼差し、

純真無垢で、ピュアな瞳。

心が広がっていると、キラキラと輝いています。

こちらまで、心が潤い、しなやかになってくるのがわかります。

心が縮むと、まあるい涙のつぶが、
ぽろぽろ、ぽろぽろ、ぽろぽろ、ぽろぽろ、
次から次へと湧き出てくる。

こちらにまで、心にじんわり流れてくる。

よくがんばったね…

子どもは地球の宝です。

マスクが顔の一部になりました。

以前よりも、その方の瞳がはっきりとみえてきます。

私の眼を、鏡でよく見てみることに。

…周りに年輪がちょっと増えたかなぁ

そして瞳、

…自分の瞳だけど、私に語ってくれます。

そうだね…

そうよね…

眼は二つ、口は一つ

眼は口よりも多くのことを奥深く表現するように思います。

発する眼も大事ですが、キャッチする眼も大事です。

まずは、わん子と眼で交信です。

「毛布、どこ~?」

「これは私の毛布だワン」

( *´艸`)

私の文(ふみ)を読んでいただきありがとうございます。

写真はうちのわん子です。

にっこりと、楽しい時を過ごせますように。

文江

  
..☆.。:*・゚にほんブログ村のランキングに参加しています。お花をクリックお願いします..☆.。:*・゚
  
..☆.。:*・゚にほんブログ村のランキングに参加しています。お花をクリックお願いします..☆.。:*・゚
日々の色々
スポンサーリンク
文江をフォローする
まあるい葉っぱ

コメント

タイトルとURLをコピーしました