和に魅せられる春の良き日

日々の色々

色とりどりの花が見られ、澄んだ光が心の中にもさしてきます。

今日は春分。

真東から陽が昇り、真西へ沈む。

あんなに日が短かったのに、もう夏へと向かっています。

吹く風も、輝きを増してきました。

人の成長もあっという間です。

あんなに小さかったのに、もうこんなに。

私の子どもの頃の記憶

三歳で着物を着て、嬉しかったこと

着物や髪飾りにうきうきしたこと

箱せこが大好きで、開けたり閉じたり

中の鏡を何度ものぞいたこと

ビラ簪をさらさらしたこと

落とし巾着をころころしたこと

大きな池を覗き込んだこと

四歳になる少し前、妹が生まれた朝に、トースターの前でパンが焼けるのをまったこと

両手に顎をのせて、弟に赤ちゃんねって言いながら

そんな私も、今では(^^)

これまでを大切にし、これからを生きていけたらと思います。

春、新しい予感です。

着物に触れるたびに、日本を、和を深く想います。

もうじき、待ちわびた良き日がやってきます。

心のこもったチューリップサンドで待つことにします。


私の文(ふみ)を読んでいただき、ありがとうございます。

写真は、大切な着物の柄です。父と母のあの日の笑顔が浮かびます。

にっこりと、楽しい時を過ごせますように。

文江

  
..☆.。:*・゚にほんブログ村のランキングに参加しています。お花をクリックお願いします..☆.。:*・゚
  
..☆.。:*・゚にほんブログ村のランキングに参加しています。お花をクリックお願いします..☆.。:*・゚
日々の色々
スポンサーリンク
文江をフォローする
まあるい葉っぱ

コメント

タイトルとURLをコピーしました