うちのわん子はお散歩セットをみると小屋にさっさと入ってしまうのです

わん子の独り言

どこのわんちゃんも散歩が大好きなもの…と、思っていました。

友人のわんちゃんは、時間になると先に玄関に行って待っているとか。

でも、うちのわん子は一目散に小屋へと逃げ込んでしまいます。立ったまま、じっとこちらをうかがうのです。

「お散歩、行くよ~」

「行きたくないワン」

「ほれ、行こうよ~」

「絶対に行かないワン」

助けてという目で訴えてきます。が、最後は抱きかかえて、いざ出発!これが毎回なのです。

外が嫌いなわけではありません。歩き出せば、背筋もしゃんとして、タッタと進みます。さっきのは何だったの??というくらいに。

「さあ、行くワン」

大好きなご近所さんには尻尾をフリフリです。

「好きだワン。よしよししてワ~ン。」

とても甘えん坊なわん子です。さっきは小屋から出てこなかったのに。。

苦手なわんちゃんもいます。近づいてくると私の後ろに隠れてしまいます。

「帰りたいワン」

わん子が4歳くらいで我が家にやってきて、はや5年。

やってきた日は、偶然にも夫の誕生日でした。これも不思議なご縁です。

ねこちゃん好きな夫ですが、子どもが大きくなったこともあり、「そろそろいいよ」と言ってくれたのです。それがわかって、誕生日に来てくれたのかもしれません。

犬の9歳は、人間の54~55歳くらいだそうです。あら、誰かさんとどっこいどっこいかしら?

4歳までは狭いゲージに閉じ込められていたらしく、保護犬でした。散歩に行きたくないはそのせいかもしれません。

「ここから出たくないワン」

初めて会った時のわん子は、吠えもせず、無気力でいっぱい。表情が全くありませんでした。ただ息をしているだけ。

抱っこした瞬間、私は胸がいっぱいになって、涙があふれてきました。

我が家に迎えた日は、小屋へまっしぐらでした。小屋から出て来たのは3日後、ミッキーのような声を聞かせてくれたのは10日後です。

お散歩は、地面に足をつけることからでした。外では立っているだけでぶるぶると震えが止まりません。立てるようになると、10歩くらい歩く。歩けたら、次は20歩。だんだんと増やし、1か月かかって、やっと10分の散歩が出来るようになりました。

最近では、自分から甘えてくれるようになりました。

「だっこしてワン」

飛び乗ってきます。夫や子ども達に。私には一度だけ。なぜ??お世話係は私だぞー。

もしかして、それはテーブルの上が見たいからかも?

「何か美味しいものないかいなワン」

お腹も見せるようになりました。安心しきっている顔です。体は力がぬけて、とろんとろんの完全にリラックス状態です。

「気持ちい~ワ~ン」

こうなるまで、長い5年でした。

長所は食いしん坊なこと。どんな状況でも食べていれば何とかなるものです。

それから、きれい好き。ベッドの毛布やクッションはきれいに並べ、まるで映画に出てくるふかふかベッドのようにして寝ています。

「これがいいのよーワン」

可愛い、と思わせる技が使える。首をちょっぴりかしげたり、うるうるの目で見つめたり。耳の角度も上手く調節しています。これはわん子にとって生きる技かもしれません。

「これでママもいちころだワン」

我が家へ来てくれてありがとう。貴女のおかげで、私たちはとっても幸せなのです。

私の文(ふみ)を読んでいただき、ありがとうございます。

にっこりと、楽しい時を過ごせますように。

文江

コメント

タイトルとURLをコピーしました